何もしなければ 石になってしまう

何もしなければ

道に迷わないけれど

何もしなければ

石になってしまう


誰にも相談せずに事を運んだ

巣から飛ぼうとする時

落ちるかもしれないという思いは常にあった

だからといって他人の翼で飛べるわけでもなし

それに落下のさまを目撃されて

衝撃を与えるようなことはしたくなかった

巣の中で冷たくなっている雛を見ることも悲しいだろうが

落下していく様子を目で追っていく悲しみは

どんな身内でも耐えられないだろうと思っていた

自立とは不動のイメージがある

しかしぼくは、自立とは動であると思っている

常に自己の内部で核分裂を繰り返している期間が

自立期間であると思っている

作詞家   阿久 悠

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA