因縁

TVのスポーツ番組でよくある質問に、「生まれ変わったらやはり○○選手になりたいと思います。」と言わせて、感動しているニュースキャスターを見かけますが、昔から「因縁は同じ道を歩む」といいます。つまり、七辺生まれ変わって、初期の目的を達するのだそうです。そういえば、先人は「袖ふれ合うも他生の縁」と言うなど、とても長いスパンでものごとをとらえています。不思議なことに、ネイティブアメリカンも「7代先のことを長老たちが熟慮して、今後することの良し悪しを決定する」とか・・・なにごとも、一朝一夕に出来てしまう今の世の中。私たちに勘違いをしてはいけない。焦ってはいけませんという警鐘ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA