心静かに

「夏の暑さと冬の寒さ、さてあなたはどっちがお好きですか?」といった強引な質問をされたことはありませんか。

一時、流行った「究極の選択」とまではいかないにしろ「どっちを取ろうが大きなお世話です!」って言いたいほどアホらしい質問です。夏の暑さがなければ、冬の寒さは身に凍みませんし、光と影のように表裏一体の現象にとやかく言っても始まりません。

どっちだろうと「今日は暑いですね」といった日常の挨拶の延長線上にあることに変わりはなく、「辛いですね」「大変ですね」と言いたいばっかりの言語表現ですから…

それにしても、まだ日本はありがたい方で、年中暑く湿度の高い国は、夏の気温の中でしか季節に対する判断材料を持たないわけで、所詮わずかな温度差でしか気候の実感を味わえません。

そう考えてみると、四季のうつろいを愛でるというのは日本人に与えられた、いわば特権のような気がしています。また春や秋の刹那な季節ほど、日本人の感性に訴えるものはありません。昔から詩歌に幾度も詠まれ親しまれてきたのは、そんな無常観に心惹かれたからに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA