日本の平和を守る秘密兵器

「お仏壇にもっと気軽に手を合わせられたいいなぁ」

という声があります

家族に挨拶するように

「行ってきます」「ただいま」

と気軽に声をかけられる

いつでも、どこでも、だれでも祈ることができる

そんなにも仏壇って身近なものなんですけど

仏壇って特別なものでしょうか

日本の平和を守るために

私たちの考えるべき政治や社会問題は

テロ特措法?海上給油?

米国サムプライムローンの焦げ付き問題?

ですが、もっと大事なことがあります

実はそれは「お仏壇」と思っています(マジで)

日本の平和は

日本の和やかな家庭づくりが第一歩だと思うからです

ご先祖様に感謝するってどういうことでしょう

親から子、子から孫へと伝えられてきた「大切な心」があります

親を思う心

子供を思う心

他人を思いやるこころ

感謝の心は

すべてを解決します

「でも、そんなの関係ない」って声が聞こえてきますよね

そう、自分のことで頭がいっぱい

自分が生きていくのに精一杯で

ほかのことは考えている余裕がない

祈ってる場合じゃない・・・

僕も言います

でも自分が今あるのは誰のおかげだっけ?

祈りのかたちがあります

心のゆとりを育む時間があります

親から子、子から孫へと伝えられてきた

「祈り」という古き良き日本の伝統習慣です

僕はこの伝統を研ぎ澄まして

永遠に輝かせていく事が大切だと考えます

そして、それはすごく単純に聞こえるかもしれないけど

仏壇に手を合わせ、ご先祖様に感謝すること

にほかならないと思うのです

なぜなら、この僕をこの世に送り出してくれた人々だから・・・

「お仏壇に手を合わせて心のやすらぎを得る」

それが習慣になれば

感謝のこころが身につけば・・・

日々感謝の心を育み、心を豊かにし、

ひいては家庭の平和、日本の平和につながる事を願いつつ

おこがましくも僕は思っています

多くの和やかな家庭ができるようにと

祈りの時間 祈りの空間づくりを提案します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA