今年もよろしくお願い致します。

今年は、なにやら明るい兆しが   
見えてくるように思います。   
主観的な話で申し訳ないんですが、   
きっとよくなると希望を持っています。

   景気にしろ、社会状況にしろ、世界情勢でも…
   混迷の中に突き進むようにさえ思えた
   去年一年を「災」とするなら、
   今年は反対へと向かうのが宇宙の摂理というものですよね。
   
世の中は振り子と同じとは誰の言葉だったでしょうか、   
バランスをうまくとるように、   
いま修正中なんだろうと思います。

   というのも「人間はそう捨てたものじゃない」と
   私は思っているからです。

   災害地には今、たくさんのボランティアの方々が
   活躍しておられます。

   彼らは希望を持って集まってこられたのです。
   「人間は捨てたものじゃない」と心の中で感謝しています。
   
仏教の根本に「諦観」という考え方があります。  
「ありのままを受け入れる…」というものですが、   
人間は「一縷の望み」を持ってこそ、   
一歩前へ進めるのだと思うのです。

   今年一年が明るい年でありますように…
   どうか良い一年でありますようにご祈念申し上げます。

   でも、自然環境の変化は予断を許しません。
   明るい中にも気を引き締めて、いきましょう。

   今年もよろしくお願い致します。

                     佛英堂店主 野呂英史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA