法然上人と親鸞聖人

法然上人は長承二年(1133)に生まれ

建暦二年(1212)に八十歳で入滅しました

親鸞聖人は承安三年(1173)に生まれ

弘長二年(1262)に九十歳で入滅しました

それで6年後の平成23年はちょうど二人の遷化より

それぞれ800年と750年にあたります

二人の出会いは建仁元年(1201)法然上人が69歳

親鸞聖人が29歳の時の事でした


比叡山で厳しい修行に励みながらも

悟りを得られず山を降りた親鸞聖人は

京都市中の六角堂にこもり

その95日目の明け方に

夢の中に顕れた救世観音(聖徳太子)が

進むべき道を告げられたと言うことです

宣託を受けた親鸞聖人は

法然上人の下へ駆けつけ深く帰依されたのでした

しかし師弟の別れは

瞬く間にやってきます

建永二年(1207)専修念仏弾圧の流れの中で

法然上人や親鸞聖人ら8名が流罪となりました

僧侶の身分を剥奪され

法然上人は藤井元彦という名で四国へ

親鸞聖人は藤井善信として越後へ流されたのです

その後二人で生きてこの世で再会することはありませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA