腹を据える

大規模小売店舗立地法(注1)が見直しになります!?

このニュースを聞いていて

シムシティーというシュミレーションゲームを思い出しました

自分の決めた規模の街を運営して

いかにうまく活性化させられるかという内容で

自分があたかも市長か行政関係者にでも

なったような気にさせるゲームでしたが

よく市の財政を破綻させてしまったものです!!!



もっと腹を据えて政策に取り組みさえすれば良かったんですが・・・

そうです

何のことはないんです

理由は簡単なんですよね

安易にこれが駄目だったからこうしようって

まったく無責任に法律を変えちゃうとか

政策決定者がそんなことを繰り返していたからなのでしょうネ♪キット!

(注1)

①大型店周辺の環境保全を主眼にした大規模小売店舗立地法
②土地の用途規制を自治体が判断できるとした都市計画法
③市街地整備と商業活性化を目的にした中心市街地活性化法

上記①〜③の総称がいわゆる「まちづくり三法」です

旧大規模小売店舗法と異なり市街地立法を認めたのが特徴です
しかし広い土地を確保できる工場跡や農地への出店が続き
中小店関係者からは商店街活性化への実効性に疑問が出ていました・・・

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA