自己消滅系のシステム

すべての生態系は

設計上の約束があるといわれています

それは遺伝子の中に組み込まれている

自己の目的の完了と同時に消滅するという

自己消滅系のシステムで

いわゆる「死」というものです


ほとんどの生態系には

「分裂」あるいは「生殖」の機能があり

時代へ命を繋いでいきます

人間の目的とは何か・・・

「生きがいの創造」や「天寿のまっとう」であるならば

「期限のある生命のシステム」に逆らって

「延命」を願ったり

「不老不死」を求めること自体

「不遜」であると言わざるを得ません

参考文献(respected by・・・)
当事者主権
中西正司・上野千鶴子著
(新赤版860)

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA