権力の暴発

世界は富める者に権力が集中し

貧しいものや情報を持たない者が

疎外される「圧倒的な非対称」(中沢新一氏)の状態にある

両者の間には理解を生み出す一切の交流が失われている


特に米国と対立の激しいアラブ世界では

米国を中心とする豊かな世界に対して

テロという武器を使った極端に陥りやすい

今や唯一の超大国となった米国は

二十世紀に人類が獲得したものを

無に帰そうとしているように見えてならない

世界が不安定化する中で

経済先行の精神錯乱状態では

無思考に陥り

多様性が否定される・・・

宗教対立の様相を呈しているが

その間を取り持つ存在すら失われていくのを

傍観するばかりだ

友よ

問いの答えは

いまだ風に吹かれたままだ

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

青   春

次の記事

思春期のこども達と向き合おう