「神仏習合と日本の宗教」

神祇信仰について

 日本には古来から神を信じる「神祇信仰」というのがありました。

神には姿がありません。後代に神の存在を視覚に訴えようと、

神像が作られますが、これは仏教の仏像や仏画の影響です。

姿のない神は、どこにいるかも分からない。

 


そんな神について本居宣長は「古事記伝」でうまく定義しています。

神は「すぐれたる徳のありて、可畏(かしこ)き物」とし、

「すぐれたるとは尊きこと善きこと」、同時に「悪しきもの、

奇(あや)しきもの」も「神だ」と言うんです。

悪い神も入れて幅広くとらえているのです。

 宣長にならって日本の神を3つに分けると、

1つは「アニミズム的神」。原始信仰ですが、

自然現象などを神として恐れる場合です。

風や山、水などをあがめるのもそうです。

 2つ目は「記紀神話の神」。

古事記や日本書紀に登場する神々で、

さらに高天原(たかまのはら)の「天(あま)つ神」と、

地上界の「国(くに)つ神」の2つに分かれます。

3つ目は「土地の神」。それぞれの土地を守る地主の神です。

三十三間堂本坊妙法院門跡門主 菅原信海
リレー講座「現代社会と宗教」(立命館大学主催・読売新聞大阪本社後援)

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

蚤の心臓

次の記事

生きるとは