蚤の心臓

先の記念講演会の挨拶で

松阪商工会議所青年部の会長が

こんなおもしろい話をしてくれました

蚤は身体能力が優れ

跳躍においては自分の「身の丈」の

何百倍もの高さまで跳ぶことができる

しかし閉ざされた箱の中に入れてみると


天井ができたおかげで「頭打ちの環境」ができ

繰り返し天上にぶち当たることにより

蚤は悲しいかな学習能力を発揮し

天井まで跳ばなくなるのだそうだ

結果 自分の身を守るがために

蚤は跳べなくなるのだ

いや跳ばなくなるのだ

可能性を実力を

自ら過少にしか発揮しなくなるのであった

私たちは「勝ち組」ではない

ましてや「負け組」みでもない

私たちは自分の可能性を限りなく信じる「挑戦者」なのです

ともに時代を松阪を日本を創っていこうではありませんか・・・と

同感です。。。

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

講演会で聞いたこと

次の記事

「神仏習合と日本の宗教」