問い

人間は問題・悩み・障害があって当たり前と書きました

どういう「問い」を持っているかで

その人間の「生きざま」が決まります

親(教育する側)が答えを持って

子供(相手)を形にはめてはならないのです

子供に自分の信念をぶつけて

反発をさせ 反抗を恐れず

子供の前に「この俺を乗り越えよ」と立ちはだかるのです

そして、しっかりした答えを出させ

それを「誉めて」「伸ばして」

新しい時代を創るのです

 

道を求めるものは

師の道跡を追わずして

師の求めたるところを求めよ

               空海

親・先生がどういう「問い」を持っていたのか

ものまねでなく 原点に帰ってみて

新しい時代の「問い」が生まれるのです

親・大人を越えて新しい時代を創っていくのです

「答え」ではない問題意識なのです

どういう「問い」を持つかが重要なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA