教育の目的

教育の目的は「人間をつくること」です

しかし、現実には成功していません

子供たちの心は「カサカサ」してしまっています

それは「知識」や「技術」や「教養」のみに焦点を当て評価されているからです

現在の教育は「方法」のみで「目的」を重視していません

具体的に「教育の結果」がどうなるのが良いのかというと・・・

      子供の心の中に

「どこまでも価値への情熱(欲求)」を呼び覚ますことです

どこまでも高度なもの

どこまでも厳密なもの

どこまでも真実なるもの

どこまでも善なるもの

どこまでも美しいもの

人生をたくましく生き抜いていくエネルギーを呼び覚ますのです

自分で自分を磨いていくためのエネルギーを呼び覚ますのです

自己実現

自己創造

自己活性

キミの「○○させられている」という意識を

「もっと高度なもの」という欲求へと変えると

おのずと姿勢が違ってくるから不思議です

そして人間としての成長意欲が湧いてくるのです


「もっとB I Gな人間になりたい!」

それでいいんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA