うそをつかない

仏教の大事な徳のひとつは、正語です。

正語というのは、

正しい言葉を使えということですけれども、

いちばん大事なのは、うそを言うな、

二枚舌を使うなということです。

ぼくらが子供のとき、よく母親に、

「うそをつくと閻魔さんに舌を抜かれるよ」

と言われたものです。


子供のときにふだんからそういうことを聞かされて、

うそを言ったらいけないんだな、

と自然に思うようになる。

それが正語、正しい言葉、

うそをつかないということ。

人を悲しませないために、

どうしてもうそを言わなくちゃならない。

あるいは人を喜ばすためにうそをつくことは、

時には許されるけれども、

人をだますためにうそをいう。

これは許されない。

梅原猛の授業  仏教

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA