島唄の意味をご存知でしたか?

      2018/04/22

「島唄」

作詞作曲 宮沢和史 編曲 THE BOOM

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た

でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た

くり返す悲しみは 島渡る波のよう

ウージの森であなたと出会い

ウージの下で千代にさよなら

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の涙

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ

ささやかな幸せは うたかたの波の花

ウージの森で歌った友よ

ウージの下で八千代の別れ

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を

海よ 宇宙よ 神よ いのちよ このまま永遠に夕凪を

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を


------------------------------------------------------------

1945年4月1日 春が訪れ でいごの花が咲く頃

戦火が沖縄に及び米軍が上陸した

4月から6月にかけてでいごの花が満開になる頃

米軍の侵攻が続いき猛烈な戦火になった

戦争の残酷な殺戮は

寄せては引く波の様に繰り返された

 
サトウキビ畑で

出会った、あなたとは

ガマ(鍾乳穴=防空壕)の中で

永遠のお別れをした

 
島唄よ 海の向こうの本土まで届けておくれ

亡くなった人々の魂を、沖縄の悲しみを

島唄よ 海の向こうのニライカナイまで届けておくれ

亡くなった人々の魂を、私の思いを、涙を届けて

 
1945年夏 でいごの花が散る頃たくさんの尊い命も散った

戦争が終わり今はあの悪夢が嘘のように静かだ

幸せな日々の生活は

はかなく消え去った

 
サトウキビ畑で

一緒に歌い遊んだ、あなた

防空壕で自決する前に

泣きながら故郷を歌った

 
島唄よ 風に乗って

魂と共に 海を越えて

あの人の居るニライカナイへ

私の愛を届けておくれ

私の愛を
 
海よ 宇宙よ 神よ 命よ

今、あなたを思い、永遠の平和を祈る

「島唄」/ THE BOOM 作詞:宮沢和史
-----------------------------------------------

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - だるま徒然草