”だるま倶楽部” の名前はどこからきたのですか

心障壁の如く以て道に入るべし

お釈迦さまはインド、ブダガヤの菩提樹の下で

6年!座られて悟りを開きました・・・

それから28代目の祖師として

インドから中国へ釈尊正伝の仏法を

伝えたといわれる歴史上重要な人物が達磨大師です


日本ではにらめっこのだるまさんや

おきあがりこぼしの達磨さんとして親しまれていて

縁起のにはつきものですね

特に七転び八起きのだるまさんは

どんな苦難にもめげず立ち直って努力する

といった意味合いで親しまれています

その達磨大師の真髄は

「心障壁の如く以て道に入るべし」


お釈迦さまの説かれた法に対しては

不退転の道念を以て生涯を終えられたのです

少林山にて達磨大師が面壁の際に

入門を申し出た慧可の逸話は特に有名ですね

だるま倶楽部はそんな知恵の象徴ともいうべき

「だるまさん」をシンボリックに称えて

仏教に繋がるさまざまな情報を発信しています

  

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA