心構え

日頃から地震などの自然災害の

心構えをしておくのと無いのとでは

「もしもの時」ずいぶんの差が出ます

未曾有の大災害が起きると

環境がガラッと変わることで

まずたいていの人は頭が真っ白になります

頭の中で事実を受け入れるといった整理がつくには

かなりの時間を要するのです

とっさの行動が必要な時でさえ

ある意味その動作は一か八かで

正しいことをしているかどうかも

判断を迷うところですが

考え込んでいても

時間ばかりが経ってしまい

救急救命など命に関わることは

一刻の猶予もできません

日頃少しでも経験や

そのことについての知識があれば

大きく役立つことになります

「行動ありき」は言うまでもありませんが・・・

それ以前に「最悪の状況」は想定しておいた方がいいようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA