団塊の世代  ①

第二次大戦後の1947年から49年に生まれた「団塊の世代」

およそ700万人・全人口の5%以上を占めるこの世代は

企業のあり方から流行まで、戦後日本のあらゆる側面に

大きな影響を及ぼしてきました

来年の2007年、この「団塊の世代」が60歳となり

大量の定年退職者が発生します

今後の日本人のライフスタイルを占う意味でも

「団塊の世代」を考えてみることは大切だと思います


■「団塊の世代」の特徴

「団塊の世代」はその膨大な人口が

他の世代と比較して目立つために

幼い頃から学校で知らず知らずに競争を繰り広げました

そのため、青年期を迎える頃には

他の世代に比べてとりわけ自己主張が激しくなりました

団塊の世代は思春期に

日米安全保障条約に反対する大人たちの闘争を見ており

また、戦争についても両親や周りの人間から悲惨さを語られ

反戦意識が非常に強いのが特徴です

都市部の若者はその強い影響と自己主張の強さから

大学改革やベトナム戦争反対の反体制活動を繰り広げ

一部は新左翼となって急進的な活動を行いました

しかし、暴力行動に走ったあさま山荘事件などで

反体制組織に対する世間の目が冷たくなると

急速に「しらけ」が進みました

また、就職する時期とも重なり

彼らは火が消えたように、発言を控えるようになりました

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA