思想なき迷走

七十余年の長きに渡り

世界の半分の国々を支配し

多くの人々の心を

捉えていた共産主義国家が崩壊した当時

冷戦の終わりを目の当たりにして

誰もが感動し世界平和を疑いませんでした


ひとつの体制が崩壊した今

私たちは世界のバランスが奇しくも

資本主義と共産主義という

たった二つの軸のバランスで

危うくも保たれてきたのだという事実を

痛いほど感じさせられています

二十世紀の「付け」ともいえる

エネルギー問題や環境問題、

南北の格差社会を治める思想

つまり人心の指標となるべき思想が

根底から問い直されているのです

宗教戦争!とも表現できる

現在の世界状況を考えたとき

中道を行く東洋思想の「仏教」が

今こそ見直されるチャンスだと強く思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA