仏教のルーツを訪ねて

      2018/04/22

10年ほどになるでしょうかか、ミャンマーへ行ったことがあります。
その時の紀行文を久しぶりに掲載してみます。

ビルマの竪琴の国へ

ミャンマーと言ってもピンと来る人は何人いるだろうか。アウンサン・スーチー女史のあの国ねって感じだろうか。ビルマと言えば馴染み深いかも。

竹川道雄の「ビルマの竪琴」という小説を思い出す人はたくさんいると思う。映画にもなったし、演劇として舞台にもかかった。第二次大戦が終わって、ビルマ戦線にいた日本兵が帰国するときに、ひとりの兵士が隊を離脱してお坊さんになり、竪琴を手にビルマ各地を遍歴しながら、死んだ戦友たちの霊をなぐさめる、という美しく、感動的な話である。

日本人にとって、とても懐かしい感じのする未知の国、ミャンマーは仏教国である。だるま紀行の第1回は仏教のルーツを訪ねて、南伝仏教のビルマ・ミャンマー編です。

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - だるま紀行