鼓童十二月公演

鼓童十二月公演(12/15愛知厚生年金会館)

「鼓童十二月公演」より
(写真:西田太郎)

その完成された形式美伝統美に加え

アジアンテイストが効いた民族音楽を隠し味に

創造性豊かな感性をミックスさせた舞台を展開していました


「序破急」や「緊張と緩和」といった時間軸と

「闇と光」「幅」「奥行き」「移動」など空間を巧みに操り

まるで引田天功(??)のショーでも観るような

次は何か次は?とワクワクする感覚がいいんです

力の限界に挑戦する姿の

勇壮な力強い「ますらおぶり」と

労働の喜びを歌に綴ったと思われる

絹のように柔らかい「たおやめぶり」

両者がとてもうまく調和していて

見ていて観客をあきさせません

日本人の美意識をあらためて評価しました

日本人に生まれたことを

とても誇りに思ったステージでした

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA