能力の限界

「成長の限界」という本がありましたが

今ほど「能力」が要求される時代はありません

デフレ基調で資本主義の厳しい面がクローズアップされて

いいもの 悪いもの がハッキリ区別されています

それには「誠実」さと「能力」が要求されます

絶対条件といってもいいほどです!


能力が一段と要求される中で

能力不足でついていけない時

人間は甘い考えに落ち入り脱落するか

最初のスタートラインに着かないかの

どちらかしかないんです

もう一度言います

能力を超えてしまったら

人間は甘い考えをしてしまうんです!

能力の限界に挑戦することは

大切なことですが

そこの境界を客観的によく見極めないと

大変なことになりますよ・・・

というお話でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA