表があれば裏がある

スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐観ましたか?いいなぁ「ダース・ベーダー」・・・観るぞー!絶対劇場で観るぞー!!

ところで、その主題となっているのが、「表と裏」の話。一寸のものには一寸の影があり、一尺のものには一尺の影がある。(※1寸=3.03cm 1尺=30.3cm)そのものの大きさにより、あたる陽も大きいが、影も大きいという、さすが宇宙の原理原則を語っているという。

小人には小人の、大人には大人の悩みがある。「ジェダイの騎士」の卓越した能力が、大きければ大きいほど、抱える悩みも大きく、はたして「アナキン」は暗黒面への誘惑に打ち勝てるのか、というストーリーの深いテーマが、いっそう「スターウォーズ全編」の質を上げているらしい。

「ああ、観たい・観たい」という欲求が大きいほど、期待が大きいく、期待が大きいほど満足も大きい。だけど、仕事が忙しければ忙しいほど、時間がとれない・・・そんな、お盆の「表と裏」の一幕でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA