秘すれば花なり

秘すれば花なり

秘せずば花なるべからず

初心忘るべからず

能は若年より習い徹るべし

命には終わりあり

能には果てあるべからず

十七八より このころの稽古は

ただ指をさして人に笑わるるとも、

それをばかへりみず

心中に願力を起こして、

一期の堺ここなりと、

生涯にかけて能を捨てぬよりほかには、

稽古あるべからず

ここにて捨つれば

そのまま能は止まるべし

花伝書  世阿弥の言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA