「世のため人のために何をするか」

バブル経済が崩壊してから既に15年以上もの年月が過ぎました

デフレスパイラルの渦に深く巻き込まれ

なかなか出口の見えない暗くて長いトンネルの中で

私たちは必死に明るさを求めて努力を重ねています

景気の上昇気配はあるにせよ

一部の企業や家庭を除き

経済状況はますます悪化の一途をたどっています

また、個人一人ひとりも著しい閉塞感にさいなまれ

明日にはっきりした期待をもてないまま

一体何を頼りに生きていったらよいのかと

もがき苦しんでいるのが実情です

このようなときだからこそ


自分に克ち、不況に打ち勝って

“自己責任時代”をたくましく生き伸びていく処世術として

自己PR(パブリック・リレーションズ)を掲げる人がいます

自分自身を取り囲んでいる人たちはもちろんのこと

ご近所の人たち、会社、取引先、顧客、友人、知人、世間一般、社会全般に対し

自分として好ましいPRをするのだといいます・・・

そこで新たな友人と出会ったり

世間に良い影響を与えてみることを提案しています

何も大それた事ではなく

自分だけのカラの中に閉じこもることなく

自分とは別の世界の人たち

つまり異領域の人たちとの積極的な交流を通じて

色々な知識を得て

それを真に生きた知恵にまで高めていき

そして、その知恵を互いに生かし合って利益を計るのです

そういう交流の中で 初めて自分を豊かにし

他人をも豊かにすることができるのではないでしょうか

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

和の心

次の記事

スタンドアローン・シンドローム