スタンドアローン・シンドローム

人々は情報社会という喧騒と饒舌の中で

ドンチャン騒ぎの生活をしてでも

日々新たになる情報に乗り遅れると

排除されるかもしれない不安を抱えています


自立した「個」を確立できないと

そういった妄想に囚われることになるのです

何が大切で何がそうではないのか

自己の中に羅針盤を持つことです

極論に聞こえるかもしれませんが

要は自分の生活から「情報」と「組織」を

どれだけ断ち切ることができるかにかかっています

何も隠遁生活を奨励しているのではなありません

「和して同ぜず」

常に軸足を自分に置き

ものごとに対処しようというスタンス

これが大切なのです

極端に走らず

いつも自分の正しいと思う道を確かめながら

歩んでいくことでしょう

若い間の時間はあまりにも貴重で

恋愛も勉強も趣味も運動も

全力でやってほしいと思います

スピードこそ大事ですが

走らなくてもいいんです

歩いていれば前に進んでいるんです

もちろん、顔しかめても長続きしませんよね

いつも楽しくやるのが大切だと思います

今年一年間blogを読んでいただいて

本当にありがとうございました

どうかよいお年をお迎えください・・・

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA