ブータンの宗教「生き物を殺さない態度」

ブータンはチベット仏教を国教とし、多くの人が敬虔な仏教徒です。
歴史をひも解けば、17世紀にブータンを統一したシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルもチベット仏教の高僧でした。

お寺にお参りに行ったり、法要を行ったり、お経を唱えたりという行為も信仰心を示すものではありますが、それよりも重要なのは「心の状態」であると・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA