ネット社会での宗教

グローバル化や情報化が進むこれからの社会では、

宗教に関しても

情報をどのようにして伝えるか、

だれに接して知るか

といった方法や経路が

大きく様変わりしていくことが予想されます。


何を宗教と定義するか

についての境界線があいまいになるでしょう。

 例えば、インターネットを通じた精神世界の探究には、

30代前半から40代前半の世代が多く興味を抱いています。

小学生でもホームページが作れる時代ですから、

ネットでの人間関係のつながりが

現実よりリアリティを持つようになるかもしれません。

しかし、宗教に関する情報の扱いについては

研究も確立されておらず、

まだ過渡期の段階だと思います。

国学院大学教授・井上順孝
(立命館大学主催・読売新聞大阪本社後援)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA