だるま倶楽部の名前はどこから来たのですか②

達磨大師が中国に渡ってまもなく

梁の武帝に招かれたときの問答は有名です

武帝: 朕は即位以来、寺院を建てたり、仏像を造ったり、経を写したり、

     僧を供養したりしたことは、数え切れないがどんな功徳があるのか

達磨: 無功徳

武帝: これだけ仏教のためにつくしてきたのに、なぜ功徳がないのだ

達磨: それは凡夫の小果であり、有漏の因に過ぎない

武帝: では、真の功徳とはなんだ

達磨: 浄智妙円、体自ずから空寂

武帝は質問を変えます

武帝: では聖諦第一主義とはどういうものか

達磨: 廓然無聖

武帝: それなら、朕に対しているものは誰だ

達磨:不識

この問答は、禅の発想を極めつくした問答といえます


武帝が得意になって達磨大師に問いかけたことは、

世俗の宝珠のことであり、達磨大師だ静寂のうちに答えたのは

仏法の偉大なる知恵の宝珠についてだったのです

「無聖」といことは

聖ということはないのだということですが

聖がなければ凡もないわけです

仏教の十界説で言えば、「六凡四聖」といいます

地獄から天上界までの六界を凡といい

声聞から佛界までの四界を聖といいます

一般に聖と凡と二つをいうとき

聖と凡とは相対概念ですので

一方のない時は、他方もないことになります

このことは、美醜、善悪、貴賎などの考えと同じです

あくまで相対そのものの観念です

一方が成り立たなければ、対する方も成り立たないわけです

この対立の概念は、人間のものさしです

人間はこのものさしの故に苦労するのです

でもやめるわけにはいかないのです

人間であるが故にです

人間だからそういうふうに苦労するのです

だから宗教は相対の観念を超えて

価値判断のない世界を説いてます

値段表のつかない世界をいうのです

「廓然無聖」ということは

人間の価値判断は妄想だということを言っているのです

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA