仏教の「結論」

空海の著書「十住心論」に

「秘密荘厳心」という言葉が出てきます

空海は心の奥深く隠れたところにこそ

素晴らしい心があり

それが仏様だと説明しています


これは如来蔵(にょらいぞう)思想ともいい

仏様は実は私たちの心の中におられるという考え方です

その仏様に気づくには

扉のように仏様を隠している

108の煩悩を取り去らないといけない

煩悩を取り去るのは

大変に難しいことなので

先に仏様とは何かを考えていくのがいいでしょう

お釈迦様は生まれた時

「天上天下(てんじょうてんげ)

唯我独尊(ゆいがどくそん)」

と述べられたと伝わっている

この地上に一人一人の私があり

その一人一人がこれ以上ないほど尊いという意味です

人間だけでなく一切の生き物が尊い

この言葉こそ仏教の結論だと思います

森清範・清水寺貫主
立命館大リレー講座「現代社会と宗教」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA