幸せの基準

質の良い精神とは

問題から逃げずに向かっていく精神です

振り返ると、あの時逃げずにいたので今の自分があるんです

自分の選んだ道から出てくる問題は、それを乗り越えるために出てくるんです

乗り越えられない問題はありません

逃げずに向かっていくと乗り越えられるんです

問題から逃げた人間や、避けた人間は人格がそれ以上深くなりません

問題のない人生を望んではならない

問題のない状態は幸せの状態ではない

幸せの状態は問題のない悩みのない状態ではない

人間的な幸福の基準とは

感性で問題を感じ、理性がそれを乗り越えることにあります

乗り越えられなければその人に成功はありません

ちょっとでも逃げたいとか、誰かに助けてもらおうといった依頼心に

潜在能力が出てこないのは、その必要がないからです

手取り足取りやってもらっていては実力にはなりません

腹をくくって自分の底力が出てくるように立ち向かっていくのです!

でも、ただ突っ立っているだけではだめです

張り倒されて終わりです・・・

大事なことはその次の行動なんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA