完璧を求めるということ

私たち職人の世界では

熟練した技能がものを言います

そこに差が出来るのは

経験とより完璧さを追求する意識の高さです

仕事に対する自らの物差しが

「どれだけ長いもの」

「どれだけ細かいもの」

を持っているかが

作品や製品に直接反映されてしまうのです

もちろんどのような仕事にも

それに相応した完璧さというものがあります

どの程度の完璧さが

その仕事に必要になるかを

事前に見極めることが大切です

どの程度の完璧さが必要かがわかれば

その仕事にあった心構えや準備で

取りかかる事が出来ます

というのも

生真面目に何もかもを完璧にこなすことは

エネルギーも費やす時間も

無駄に使うことにもなるからです

普段の生活にも言えることですが

「いい加減」はむしろバランスを取るための言葉です

「ほどほどに」こなすことをも理解することです

そんなに肩に力を込めて

緊張ばかりしている必要はありませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA