腰骨を立てる

「腰骨を立てるということなんだ。

 性根の入った人間になる極秘伝は、

 朝起きてから夜寝るまで、常に、

 腰骨を曲げんということだ」

  


 出典:『真理は現実のただ中にあり』、森信三、
         致知出版社、P46より

======================================
森 信三(もり しんぞう) 1896 ~ 1992
======================================
愛知県に生まれる。京都大学哲学科大学院を卒業。のち天王寺師範教諭十三年。
満州建国大学教授時代に終戦帰国。神戸大学教育学部教授をつとめ定年退官。
神戸海星女子大教授を勤続十六年。その間、教育講演行脚の旅は全国に及び、
感化教導の門下数千に及ぶ。著述は全集25巻・続全集8巻。
社団法人「実践人の家」創開者。
======================================

              
にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA