街では、花粉症の方のマスク姿が

街では、花粉症の方のマスク姿が
たいへん多く見かけられます。

今年は平年の30倍とも50倍とも言われていますから、
たいへんですよね。

また、黄砂とのカラミで車のボディーが
汚れて仕方がないとか。

だ・か・ら…もう、何とかしてっっ!!

でも、ちょっと待ってください。
「花粉の功罪」を言う前に、
何か忘れてはいないでしょうか。

ディーゼルエンジンの複合汚染のことでもありません。

わたしたちは、この地球に「わたしたちだけ」
生きているんじゃないってことなんです。

雪深い東北地方の暮らしは、
まず「雪との共存」からという考え方が
あったのではなかたんでしょうか。

地震や台風のような自然現象は、
人間中心の観点から、「災害」としか
とらえようがない様ですが、
それは「限界点」を超えたときのこと。

ひょっとして人間の営みも限界を
超えてしまったのでは?

「私たちは、今ここにこうして居させていただいているんだ。」と

地球に対して謙虚に思えば、何を悩むことがあるんでしょうか。

そんな心でいたいと思うのだけど…

今年は、さすがの私も目がかゆいのですけど … どーにかして!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA