日本人の宗教観

日本人の文化に内在する宗教性には

共同体が担っている「宗教文化」と

個人として自覚的に信仰を持つ「教団宗教」とがあります


宗教文化を担う共同体は

血縁的な集団の「氏」や「村」という地縁集団

そこで守られているのが

伝統的な神社や寺院です

日本的な宗教文化を大胆に言えば

「儀礼」のことです

祭りやお盆参り

葬式もそう

近代は儀礼をないがしろにしているが

人間の行為に儀礼ほど

重要な意味を持った所作はないのです

(秩父神社宮司・薗田稔)
リレー講座「現代社会と宗教」(立命館大学主催・読売新聞大阪本社後援)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA