座禅について

修道士は一生を修道院で過ごすマラソンランナーのようです。

禅僧は短距離走者で、僧堂で短い期間に集中的に修行をする。

実は、キリスト教では「修行」という言葉は使わず、

「修道」と言います。

 
「修行」と「修道」は微妙に違います。


簡単に言いますと、人と仏、人と神の関係がそれぞれ違う。

禅の基本的な考え方は、生きとし生けるものはすべて仏で、

座禅などの「行」で本来の自分に目覚めるという主張です。

人と仏は、水と氷のような関係。

氷が解けて水になるように、人は目覚めて仏になれます。

ところが、キリスト教の場合は、

人と神の関係は水と油。

全く違うものです。

理想的なのは、1個の人格の中で水と油が

調和をもって1つになることですが、

人は決して神になれない。

創造主と被創造物という質的な違いがある。

禅では人が仏に目覚めようとする修行は奨励されますが、

キリスト教では、人が神になるのは傲慢な発想です。

「修道」とは、キリストを信じ、

その教えを守っていくのが本来のあり方だとすることです。

天龍寺国際禅堂師家 安永祖堂
リレー講座「現代社会と宗教」(立命館大学主催・読売新聞大阪本社後援)

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

四国遍路について

次の記事

生きること