四国遍路について

宗教の平和の姿が、お四国(四国八十八か所霊場)にあると思います。

お四国では、お大師さんも法然も親鸞も法華も禅宗もみんな一緒。

それぞれの宗旨、宗教が一緒になって、

神仏習合となっているのがお四国参りです。

四国には、たくさんの人が来ている。

特に浄土真宗、浄土宗の信徒が多く、

10人中6、7人は浄土系の人。

禅宗の坊さんが信者さんを連れてくることもあります。

 

イスラム教、キリスト教など、宗教の世界では

いろいろと争いがあるけれども、本当はそうではいけない。

どの宗教でも一番最初の戒律には、

不殺生があげられているはずです。

しかし、残念ながら宗教に関係した争いは絶えません。

聖なる戦争というものはありません。

そういう点では、宗教、宗派を超えて仲良くできる仏教は、

宗教の枠を超えた平和があります。

これからの平和は、仏教の寛容の精神、

相手の立場を認め、許すことが必要だと思います。

善通寺執行長 樫原禅澄師
リレー講座「現代社会と宗教」(立命館大学主催・読売新聞大阪本社後援)

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中


人気ブログランキングへ登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

多様性の精神 世界遺産の霊場から

次の記事

座禅について