聖徳太子の功績

      2018/04/22

憲法十七条の第二条に「篤(あつく)く三宝を敬え、三宝とは仏法僧なり」とあります。聖徳太子は三宝を敬うことによって、みんなが平和に生きる世界、仏教国をめざしたのでした。

太子の仏教に対する功績としては、四天王寺や法隆寺などを建立されたことと、もうひとつは勝鬘経(しょうまんきょう)と法華経を講経され維摩経(ゆいまきょう)を加えた注釈書、三経義疏(さんぎょうぎしょ) を書かれたことは特筆すべきことです。

太子が政治的に活躍したのは二十八歳から三十九歳ごろまでです。三経義疏を書かれたのは、三十六歳から四十二歳までの間であると伝えられています。太子は四十九歳で亡くなりますが、晩年は法隆寺の夢殿にこもり、この三経義疏の著述に没頭したと言われています。

最澄が法華経を中心とする日本天台宗を開宗したのも、太子の思想を受け継ごうとしたものでした。

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - だるま徒然草