こころ

人間の本質は心といいます。
心・こころ・ココロ。最近はカタカナにまでなって、それだけ身近になったのかなぁー。

心に話題が集中するあまり、科学的に解明しちゃったりして・・・。それでもって、脳神経系まで手繰っちゃったりして・・・。でも、それって見当違いじゃぁ あーりませんか?

なんか難しく、理性的に考えてませんか。「心を使う」や「気を使う」とか、心は使うものでしょう。感じるものでしょう?

「理性的」になればなるほど「違い」を認められなくなりますよ。

違うと憎い

自分に従わないことが憎い

違いを許せない

ちょっとでも嫌(いや)

「考え方の違う人間どうしが、どうやって一緒に生活できるか」にこそ「理性」を使うべきでしょう。

違うんだから教え合うんです。お互い助け合うんです。

違うんだから協力し合うんです。お互い学び合えるんです。

違うんだから話し合いをするんです。お互い分かり合えるんです。

個性の時代とか、多様化の時代とか言いながら、社会全体が画一化を求める方向に進んでいるのかも。例えが少しずれますが、先日キリンカップでスタジアムがブルー一色になっているのが少し怖かったんですけど・・・(ワタシダケ?)

違いを理由に戦争をしていればエンドレスですものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA