辛抱する

今日はありがたい時代である

昔に比べると仕事の種類もずいぶん増えて

好きな仕事・職場を選ぶことができる

転職だって比較的容易になって

だから、ひとつの仕事に就いてみて

それが自分に合わないと思えば

すぐ別の仕事に変わることもできる

それぞれの持ち味を仕事に生かすことが

昔よりはるかにしやすくなっているといえよう


けれども、何事でも一人前になるためには

それ相応の辛抱がいる

ある期間

額に汗し地道な努力を懸命に重ねてこそ

仕事のコツもつかめ

一人前への道が開ける

傍目には気楽そうに見えても

その道のプロとして立っている人は

みな人知れずそうした修練の道を経てきている

自由に仕事が選べて転職がしやすいということは

この道一筋、これしかないという昔に比べて

辛抱がしにくいということでもある

そのしにくい辛抱をどう為し遂げるか

せっかく一人前になれる道を

寸前で自ら踏み外すようなことにならないよう

心して自分で自分に厳しくありたい

PHPより抜粋

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA