梵字にはどういう意味があるの?

梵字ってご存知ですか?

最近ではタトゥーや、念珠のブレスレットなどでファッションとして取り入れている方もいらっしゃるので、目にしたことがある方も多いと思います。

もともと梵字は墓石や仏壇、板塔婆などに記されていたり、位牌に梵字を彫る宗派もあり、仏教関連のものに使われる字でした。

ここでは梵字がどのように日本に伝わったのか、字にはどのような意味があるのかを紹介していきます。

梵字とは?

インドで使用されているブラーフミー系文字の漢訳名で、ブラーフミーとはブラフマー(梵天)の創造した文字のことで、梵語(サンスクリット)を表記するための文字を言います。

日本で使われている梵字は悉曇(しったん)文字と呼ばれるもので、6世紀頃に中央アジアで成立し、天平年間(729-749)に伝わってきたものです。

梵字(悉曇文字)は仏教の伝来により漢訳された教典と共に日本にもやってきましたが、天平期には遣唐使や渡来僧である鑑真、平安時代には最澄・空海らが唐より多くの教典を持ち帰ったことにより、一般にも広まりました。

干支と梵字

梵字にはひらがな、数字、アルファベットに対応した文字がありますが、密接に結びついているのが十二支です。

干支にはそれぞれ守護本尊があり、それを現す梵字があります。

ご自分の干支の梵字を覚えておくといいですね。

位牌に入れる梵字

位牌に入れる梵字は宗派ごとに決まっています。

天台宗・真言宗の梵字は「ア」と読み、大日如来を現しています。

浄土宗の梵字は「キリーク」と読み、阿弥陀如来のことです。

子供の位牌に入れる梵字は地蔵菩薩の「カ」です。

なぜ地蔵菩薩なのかと言いますと、親よりも先に亡くなった子供が賽の河原で苦しんでいるのを救うのが地蔵菩薩とされており、その信仰が基になっているのです。

宗派ごとに梵字は決まってはいますが、必ず彫らないといけないわけではありせんので、どのようにしたらよいか心配な時は、菩提寺に確認されるとよいでしょう。

 

梵字はその文字自体が仏さまを現していることもあり、神聖な文字とされています。

ファッションのアイテムとして身近になってはいますが、正しい知識を持って大切に扱いたいものですね。