お仏檀に飾っていただくお道具

つまり仏具には、それぞれに意味があります。
宗派によって違いがありますが、基本的なお仏具としては、
「香炉」「花器」「燭台」があげられ、これを三具足といいます。

「香」はけがれを清めるために、

「花」は仏の慈悲をもたらすために、

「灯り」は仏の光明にあやかるために、

仏教の智恵と慈悲の中ではぐくまれた荘厳なかたちです。
具足は、三具足を基本に、五具足・六具足…と仏具の数々を
同じ材質・模様で揃えることができます。

お仏檀.の大きさにあわせてお撰びいただく事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です