床の間の起源は仏壇だった! ①

      2018/04/22

床の間の起源は

仏教思想から由来しています

床の間は仏画を掛ける壁と

その前に置いた台(三具足を飾る台)が

造り付けになったものです


書院は書見のための場所

違い棚は本棚の変形したものです

いずれも僧侶の信仰生活の

日常の必要から生まれたものですが

後世にこの三者が一体になって

書院造りの様式に発展し大成してからは

その意匠的な評価が高まりました

それが次第に地位と権カの象徴として

取り上げられる傾向が顕著になり

床の間は規模も形式も

豪華なものに変わっていきました

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - 仏壇(ぶつだん)