床の間の起源は仏壇だった! ②

      2018/04/22

『真』『行』『草』

『真』の形式、これは書、花、画、武道等

全てに共通する日本の形式美学のひとつです


また、茶室に取り入れられた床の間は

書院のそれとは別に自由な表現形式を取り

いわゆる『行』『草』の形式を生み

当時の庶民階級に浸透して

一般住宅にも使用されるようになりました

明治、大正時代に、和室には床の間、書院などを

整えるのが常識化しました

床の間が私たち日本人の教養と精神生活に

豊かさを与えてくれた功績は計り知れません

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - 仏壇(ぶつだん)