結婚式の寿珠(じゅず)

   

手塩にかけて育てた娘が嫁ぐ際、両親が娘に数珠を贈る習慣があります。両親が、幸あれと祈る、娘への贈り物です。

また、お寺での結婚式のときには住職から、紅白のリボンのついた結婚数珠が授与されます。縁あって結ばれた二人の幸せを願う「寿珠」です。

お数珠を結婚式に用いるのは不思議な感じがしますが、お数珠を結婚式に例えることができます。

数珠の珠一つを魂(たま)だと考えます。そして珠の一つ一つの結びつきを魂と魂の結びつき。そう考えれば結婚式や嫁ぐ際にお数珠を手にするのも自然なことでしょう。

結婚とはお互いに魂を磨きあい、高めあい、愛をはぐくみながら仲良く人生を歩んでいきたいものです。

結婚記念日には、より良い結婚生活を願って夫婦でお数珠をセットでそろえるのも素敵ではないでしょうか。

夫婦お揃いの数珠

夫婦お揃いの数珠

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

 - ブログ