蝋燭は無明の闇を照らす真理のあかり

   

蝋燭に灯りをともし、炎のゆらぎを見つめていると、心が静まったという経験をされたことのある人も多いのではないでしょうか。

蝋燭の炎は、生まれ生きること、老いいくこと、病になること、そして死んでいく人生を照らす「智慧」の光、「慈悲」の光だといわれます。

あらゆることを受け入れて行くことのできる心の柔らかさが、光を生み出します。

蝋燭の炎の揺らめきで、心がやすらぎ静まるのは、あなたの心が柔らかいから。

逆に心が静まらなければ、それは心に余裕がないのかもしれません。

お仏壇に手を合わせるときにふと考えてみてはいかがでしょうか。

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - ブログ