仏事における焼香の意味

      2018/04/22

仏式の葬儀や、法事、墓参りなどに

行われる焼香には意味が有ります

焼香は、釈尊の入滅の頃よりずっと続けられてきました

香は、仏の使いとも、仏の食事とさえ言われています


亡くなられてから四十九日間香を絶やしてはいけないとされていますが、

これは仏教の輪廻転生の思想から来ているのです

この世に生を享けたときを生有(しょうう)

この世に生を享けている間を本有(ほんぬ)

死の瞬間を死有(しう)といい

生を終えてから次の生を享けるまでの期間が四十九日あるとされ

この間を中有(ちゅうう)あるいは中陰(ちゅういん)と呼びます

四十九日の間は中陰供養と言って

その間は候によって養われるとされるので

香を焚きつづけるのが良いとされています

また、焼香の香りは

供える人の心を清浄にするとともに

隅々まで行き渡るものであるとこるから

すべての人に差別・区別なく行き渡る

仏の慈悲に例えられたりもします

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - お香(おこう)