仏壇の起こり

      2018/04/22

日本に朝鮮半島の百済の国から仏教が伝えられたのは欽明天皇の時代(552)とされています。これを「仏教公伝」といいますが、この仏教公伝から130年余り後の天武天皇の時代(686)に、天武天皇は次のような詔(天皇の言葉、おおせ)を出しました。

「諸国の家毎に仏舎を作りて、のち仏像及び経を置き礼拝供養せよ」

この詔に見られる「仏舎」がわが国の仏壇の始まり、起源とされています。

詔が出された日が3月27日であったことから、業界では毎月27日が「仏壇の日」となっています。ふーん、知ってましたかぁ?

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - 仏壇(ぶつだん)