仏壇の起こり

日本に朝鮮半島の百済の国から仏教が伝えられたのは欽明天皇の時代(552)とされています。これを「仏教公伝」といいますが、この仏教公伝から130年余り後の天武天皇の時代(686)に、天武天皇は次のような詔(天皇の言葉、おおせ)を出しました。

「諸国の家毎に仏舎を作りて、のち仏像及び経を置き礼拝供養せよ」

この詔に見られる「仏舎」がわが国の仏壇の始まり、起源とされています。

詔が出された日が3月27日であったことから、業界では毎月27日が「仏壇の日」となっています。ふーん、知ってましたかぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE