位牌 / 会津塗り位牌

■ 佛英堂の会津塗り位牌 ■

会津塗りは、今から400年前に松阪から会津に入封した戦国の名将「蒲生 氏郷公」が多くの先進的な技術をもたらしたことによって、会津の重要な地場産業として大きな発展を遂げました。

丹念に塗り重ねられ、磨かれ、蒔かれ、生み出だされる美しいフォルム。その美はいつしか会津の深い信仰と結びつき、漆工芸仏具へと受け継がれたのです。

溜 上千倉座 面粉

繊細でなめらかな肌、荘厳の漆黒。佛英堂が推奨するこのお位牌は、素材に朴の木を使用し、金粉で面を取ってあります。

溜 上京中台 面粉

漆黒と金粉の織り成す堅牢優美な会津塗り位牌は、金箔押しや代用漆(カシュー)では決して表現できない荘厳さがあります。

上京型千倉吹蓮華