大文字

右大文字と左大文字

船型や妙法の字

京都の風物詩にもなっている五山の送り火

お盆にお迎えした先祖の霊を

再び黄泉の国へ導くのだ

さながら京都の町全体が

美しく静かに

しかも勇壮に

昔ながらの仏教行事に浸るのだ

盂蘭盆会の本来の意味は以前にも書いたが

お魂を呼ぶといった考え方はいつの時代からあるのだろう

祖先の霊を「迎える」とか「送る」とかいう素敵な言葉は

はたして、いつから日本で言い出したのだろうとふと考えてしまう

そもそも、日本古来の独自の宗教観からきていると思えてならない

ひいては日本人のやさしさから由来しているに違いないと

きっと作り話に違いないと思うのだが・・・

その昔、京都の学生たちが

共謀して大文字山に登ったという

やがて等間隔に焚かれる松明に点火され

「大の字」が現れたころを見計らって

彼等は手にした懐中電灯を夜空に向けたという

次の瞬間、きれいな「犬」の字 が浮かび上がったのだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE